占いの歴史

恋愛占いの魅力は、好きな人との相性だけでなく、二人に将来どのようなことが起きるのか、どうすれば二人の将来はうまくいくかなども相談できることもあるということではないでしょうか。
いまではいろいろな種類の占いが存在していますが、占いの歴史は古く、旧約聖書には、王が占いを使って神にお伺いを立てたと書かれているものもあるほどです。当時は国家責任者が今後国をどうすべきかを占ったともされています。
ヨーロッパでは星をもとに占いが行われていたことが多かったようで、夜空の星や、惑星の位置を計算するなどして、占いをしていたとされています。日本でも、政治を行う際に、占い師などを呼び寄せ、政治の進め方を占ったと言われています。
また、平安時代においては、占いは貴族の人々の生活の中心だったといってもいいでしょう。貴族達は占いによって日常生活を縛られていたという記述もあるようです。一日の過ごし方をすべて占いによって大半を決められていたというから、占いにおける人々の信仰の深さがうかがえますね。
その中には、この日はお風呂に入る日としてはよくない日だから別の日に入るようになどと決められていたといいます。
昔は政治にも利用されていたといわれる占いですが、その当時は、現在のような技術や知識はなかったため、ある意味学問の一部として使われたのかもしれません。一時期は国家機密として扱われていたほど、占い(陰陽道)はとても大事にされていたようです。
このような背景のある占いを恋愛に用いるというのは、とても心強いですね。bdzdngfs
しかし、平安時代の貴族のように、恋愛占いで出た結果をすべての日常生活に反映するのは自分の行動が制限されてしまうため、窮屈になってしまうかもしれませんね。
あまり、占いの結果に縛られずに、好きな相手と楽しい時間を過ごすために、ご自身でいろいろと行動にでてみるのも一つの手ですよ。
それによって、占いの結果よりも、もっとよい結果が出ることを願っております。
占いは昔から人々の生活に影響を与えてきたのはご存じでしょうか。現在の日本では、あまり占いが日常生活に根付いているというわけでありませんが、世の中には血液型や生年月日などで占える手軽な占いから、占い師に見てもらう、本格的な占いまで、さまざまな占いがありますよね。
ここでは、占いの種類について少しご紹介したいと思います。まず身近なものでは、血液型占いがあります。特に女性の間で多く使われている、この占いは、恋愛において、「A型の女子と相性がいいのは、O型の男子。」というように、男女それぞれの血液型の特徴を照らし合わせて、相性をはじき出している占いです。
次は姓名判断です。これもよく聞く占いの一つですね。これは、恋愛占いとは少し違っていますが、名前の画数によって、人の運勢を占うものです。芸能人がテレビなどで占ってもらうという場面を見たことがある方もいると思います。運勢が悪ければ、改名する方もいらっしゃいますよね。
さまざまな占いがある中で、恋愛占いでは、2種類に分けられるといいます。まずは、ご自分の恋愛における運勢です。これは、自分の持つ運勢で、いつごろ結婚するのか、どういう性格の人が自分には合っているかなどを占うことです。htrhrtrh
もうひとつは相手との相性をみるものです。先ほどもいいましたが、お互いの血液型で相性を占ったり、生年月日を分析してお互いの性格などがあっているかなどを占うものです。
恋愛占いを利用する人の割合はほどんどが女性で、特定の相手がいる場合には、その人との相性や、今後の展望についてを占ってもらい、もし特定の人がいない場合には、タロット占いなどで今後理想の男性にいつ会えるのかという内容を占うことが多いようです。
恋はもろく美しいといいます。そのもろく美しい恋を未来につなげていくためには、こころづよい、エキスパートや助言者が必要です。
その恋の道しるべになるのが、恋愛占いをはじめとする、占いなのかもしれませんね。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

what's new